奈良の秋景色

  • 2018.11.11 Sunday
  • 02:09

 

奈良には秋の色が似合います。

 

ちょうど今は正倉院展や秋の特別拝観などが開催され、いつもは静かな奈良も訪れる人で賑わいをみせています。

 

正倉院展も明日11月12日月曜日まで。

今年はまた一段と美しい螺鈿の箱や鏡が展示されています。

ご興味のある方は、早朝か夕方の人の少ない時刻に是非お越しくださいね。

 

 

この写真は、平城宮跡に程近い海龍王寺の壁の秋景色です。

自然のままの雰囲気が大和路の魅力ですね。

この御寺は、その昔藤原氏の娘で聖武天皇の后となった光明皇后の御住まいのあったところにあります。

遣唐使の安全を祈り、海の神を祀る寺として創建されたそうです。

 

海龍王と聞くと厳めしい雰囲気ですが、御寺はなんとも静かにたたずみ、本堂の十一面観音様の美しさは、言葉では表せないほどです。

 

 

十一面観音様は秋の特別拝観が明日11月12日までですが、春にも特別拝観がありますので、是非いらしてくださいね。

 

西金堂には、創建当時の五重小塔が安置されています。

たまたまこの写真を撮ったときに、雲が龍の形に見えました。海龍王の名にふさわしい姿ですね。

 

 

近くには、やはり光明皇后ゆかりの尼寺、法華寺もあります。

 

平城宮跡も歩いてすぐ。広大な宮跡には朱雀門、大極殿、遣唐使船の展示などもあり、お散歩にいいですよ。

下の写真は平城宮跡の夕景です。

 

 

 

 

奈良の魅力に取りつかれて40年、まだまだ知らないところや新しい発見もいっぱい。

 

時折皆様に、こうして奈良の魅力もお伝え出来ればと思います。

 

この日一番のシャッターチャンスは、平城宮跡のすすきが夕日に輝く一瞬でした。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM